遮  断 熱   
  いままでは冬暖かく夏も暑い断熱でした。  
これからは、夏涼しく冬あたたかい断熱。それがW断熱です。
 
暖かすぎる家も考えもの 
暖かい家がいいと思い大量に断熱材を入れてもらいました。
でも夏の猛暑には打つ手がありません
 
あ_っ  あ つ い 
ない時〜   

 

       ある時〜
 遮熱断熱のCW断熱なら 外からの熱をブロック 1年中がエコ楽生活 
   
 
 夏涼しく冬あたたかいCW断熱!
  CW断熱について   
     
  今までの日本で流通しているウレタン・グラスウール等の断熱材は保温性能に優れ冬は暖かいのですが、遮熱効果ができないため夏の暑さは基本的には防げません。むしろ蓄熱作用により熱帯夜に拍車を掛ける要因のひとつでした。
また、アルミ熱線反射材は熱線(赤外線)を反射し、夏は涼しいのですが、冬は保温効果が期待できず、また結露の可能性も心配されていました。
そこで、この2つの互いに相反する性質を複合させることにより、互いの欠点を補い、暑さにも寒さにも対応できるよう開発したのがCW断熱です。  
 
     
  さらに、ウレタン現場発泡によりほぼ完璧な気密性能が期待できます。また、防音性能に優れ、結露が発生しないことも実証されております。安全性や作業性も良く、短期間で施工ができます。
ウレタン厚さを変えることにより、日本全国の地域に対応でき、公庫融資基準、次世代省エネ基準も対応できます。
すなわち、夏涼しく、冬暖かで、省エネ効果の実感できる高性能な断熱・遮熱工法です。
いま日本中で節電を求められていますが、このCW断熱にすることにより、エアコンの使用量を抑えることができます。夏にも冬にも効果があります。これからの住まいはCW断熱で決まり! 
 
  基本的な施工方法   
  アルミ熱線反射板をハサミ・カッター等で切断し、透湿防水シートの代わりにタッカーで柱の外側に固定します。その上に通気胴縁を取り付け、外装を仕上げます。内部から柱間に現場発泡ウレタンを施工し、内壁を仕上げます。屋根面・天井面も同様となりますが、アルミ熱線反射材は、反射空間が必要ですので、アルミの外側に通気層を15〜40o程度設けるのがポイントとなります。    
         
 
気密性

建物の熱損失の30%は気密性不足が原因でと言われています。このCW断熱は、現場発泡ウレタン吹き付けを行うことにより、現場発泡時にあらゆる隙間にウレタンが充墳される為、ほぼ完璧な気密性能が簡単に得られ、高気密、高断熱住宅に最適な工法と言えます。 

 防音性

使用する遮熱材は、あらゆる電磁波の95%以上をカットし、遮音効果があります。また、現場発泡ウレタンは防音性能に優れ、遮音、防音性能ともに効果が期待できます。 

作業性

住宅の屋根、壁にCW断熱を行う場合、通常遮熱材取付に2日、ウレタン吹き付けに1日で工程が完了します。短時間でできる為、大幅なコストダウンが可能です。

メンテナンス

CW断熱は高耐久性商品でメンテナンスも必要ありません。 

電磁波

CW断熱に使用される遮熱材は、95%以上電磁波をカットする為、人体に影響を及ぼす電磁波から身を守ります。
特に高圧電線の近くに建設される住宅には、絶大な効果を発揮します。  

外壁強度 

今までの外断熱工法は、重い外壁を支持するのにビスの強度だけがささえていたため、耐震性、耐久性に不安がありました。CW断熱では、外断熱材料の部分に使用する遮熱材はたったの4oなので、 特別なビスを使用しなくても耐震性、耐久性を損なうことがありません。

簡単施工

CW断熱に使用する遮熱材は、通常の透湿防水シートの代わりに貼りつける工法で、簡単にハサミ、カッターナイフ等でカットしタッカーで固定するだけです。
また、現場発泡ウレタン吹き付けは、CW断熱開発会社指定の専門業者が養生から後片付けまで責任施工致します。  

軽量 

CW断熱に使用する遮熱材、ウレタンは共に軽量な材料の組み合わせなので、建物によけいな負荷をあたえません。  

 
応用性

CW断熱は木造在来工法、鉄骨造等あらゆる工法に対応できます。又遮熱、断熱、保温、蓄熱、電磁波カット、結露対策、気密等が必要な箇所に応用でき、その仕様範囲は無限大です。 

遮熱性

宇宙では薄いアルミシートが何枚もの分厚い毛布よりも宇宙飛行士を強い太陽放射熱から守ことが知られています。また、焼き芋をアルミで包んでおくと、より長く暖かい状態を保っていることを体感されていることとおもいます。
CW断熱はこの遮熱性能を高次元で発揮できる様、遮熱理論に基づき開発しました。  

シックハウス対策

CW断熱に使用する遮熱材及びウレタンは、ホルムアルデヒド、VOC等の揮発物質を全く発生しないので、高気密、高断熱住宅にも安心して使用できます。 

防水性

CW断熱に使用する遮熱材は、その素材自体は完全防水の材料です。また、ジョイント部には特別な漏水防止の特殊加工済みですので、防水対策も万全です。 

結露

壁体内結露は、建物の耐久性・カビやバクテリアの発生等、重大な損傷を与える大きな要素となっています。CW断熱では、実験により、全く結露が出ないことが実証されています。

省エネ

 
CW断熱は外部の熱線(輻射熱)を95%以上反射しますので、室内側は外気の影響をほとんどW断作った冷暖房を外部にほとんど放出せず、蓄熱、保温します。この為省エネ効果は絶大です。

低価格

独自開発の遮熱材は、環境に優しい現場発泡吹き付け作業により安価でご提供できます。 

ごみの軽減 

CW断熱に使用する遮熱材及び現場発泡ウレタン吹き付けからはほとんどごみが発生しません。 その為、環境に優しく残材処分費が大幅に軽減されます。 
 
     
 
 

従来の断熱材の家    


CW断熱の家
新築建て替え CW断熱  大阪市 八尾市の新築建て替え 
現場の大工さんが実感!
住まいを創造するユートピアハウジング
株式会社まもる工務店
    
 本 社 :  大阪市平野区長吉六反1丁目3番22号 
        TEL 06-6790-4066 FAX06-6704-9836
 八尾店 : 大阪府八尾市南植松町3丁目1番2号  
        TEL 072-994-9313 FAX072-991-5212
 
 
     
 

大阪府 大阪市、八尾市、東大阪市、藤井寺市、松原市、奈良県の一部とそ近辺を対象としています。

 
 
       
  ユートピアハウジング・トップに戻る